2017年11月10日

11月11日

今年も、残り50日となりました

『11月11日』 は、“公共建築の日” 
建物の基本的な構造を象徴する4本の「柱」をイメージし、数字の「1」が4つ並ぶ「11月11日」になりました。公共建築の代表格である国会議事堂の完成年月が昭和11年11月であることにも由来しています。行政、教育文化、福祉等様々な分野に係わる各種の公共建築は、地域の人々の生活に密接に関わりを持ち、地域の活性化や生活・文化水準の向上、街並み・景観の形成を図る上で重要な役割を果たしています。公共建築の果たすこのような役割を国民のみなさまに広く知っていただくため、また、国民生活によりいっそう密着した公共建築を目指すために「公共建築の日」及び「公共建築月間」が創設されました。】

建物の重要な役割をなしている『柱』
神様は一柱・二柱というように、『柱』と数えます・・・家の中には“神様”が沢山!
日本では、神様は木に宿ると言い伝えられていたことが理由として挙げられています(諸説あります)


無垢のフローリング材や自然素材を活かした家づくり・・・木の暖かさを感じてみませんか?

P1100935.JPG





続きを読む
posted by fasumai at 15:58| 住まい